おしりニキビ 黒ずみ

おしりニキビと黒ずみの治し方

おしりは自分で見ることがほとんどないため、いざ海やプール、温泉などに行ったときにおしりにニキビができていたり、黒ずみができていたりすると周りのひとは何も言わないでしょうが「汚いな」「不潔だな」と思っていたりするかもしれません。

 

ですができてしまったものは仕方ありません。そこで治し方をお伝えしていきます。

 

おしりニキビ、黒ずみの原因

まずはそれぞれがどうやってできるかを知ることで対処方法もわかりやすくなりますので紹介します。

 

おしりニキビの主な原因は乾燥と蒸れです。

 

相反するもののように感じますが事実です。

 

乾燥と言っても肌の内側の乾燥です。乾燥が進むことによって肌のバリア機能が低下し細菌などの外部刺激に弱くなります。

 

そこに座りっぱなしや通気性の低い下着をつけて蒸れることで細菌が繁殖します。

 

黒ずみの原因はメラニン色素です。

 

メラニン色素は肌を保護する効果がありますので外部刺激に反応して増えてしまいます。外部刺激と言っても下着の締め付け、摩擦、体を洗う時の石鹸の流し残しなどの弱い刺激でもメラニンは増えていきます。

 

おしりニキビ、黒ずみの治し方

おしりニキビや黒ずみを治すには、まずは体を清潔にするのはもちろんなのですが、すぐに改善できるものとしては体を洗う時に力強くゴシゴシしないことです。

 

きれいにしようとしてゴシゴシするのは逆効果です。肌の外部刺激を増やし、さらには乾燥も進んでしまいます。

 

そして自分のサイズに合った下着を選ぶことです。締め付けが強いと黒ずみの原因になります。血行も悪くなりニキビができていると治りが遅くなります。

 

次にしやすいのは食生活を改善することです。脂っぽい食事を続けていくと皮脂の分泌量が多くなりニキビの原因になります。魚や野菜などがメインの食生活に変えることによって治りも早くなります。

 

そして乾燥対策としてはつけた後にサラッとする保湿ジェルがおすすめです。しっとりとするタイプだと蒸れの原因になりますのでやめたほうがいいです。

 

黒ずみはメラニン色素が原因ですので、顔などに使う美白化粧品が使えます。その時はピンポイントで使うようにしないと黒ずみ以外の部分が白くなりすぎるので斑になってしまいします。

 

もう汚尻とはさよなら

おしりにニキビがあるとデスクワークや運転にも支障がでます。

 

黒ずみは自分を守るために黒くなってしまったのに、汚いという印象を与えてしまいます。

 

どちらもないに越したことはありません。できることから始めて改善していきましょう。