おしりニキビ 痛い

痛いおしりニキビの治し方

ニキビは思春期だけのものかと思いきや大人になってもできます。しかも顔だけでなく身体中どこにでもできます。今回はその中でも特に痛いおしりにできるニキビについて紹介していきます。

 

おしりはニキビができやすい

意外かもしれませんが、おしりは他の部位に比べてニキビができやすい環境にあります。

 

最も体重がかかるのは足の裏ですが、足の裏にはニキビの発生源である皮脂腺がありません。

 

体重がかかることが多く、皮脂腺があるのはおしりになります。さらにほとんどの時間を下着で包まれていますし、汗腺も多いので湿気がこもりやすく、細菌にとってはかなり居心地のいい場所です。

 

さらに体重がかかり擦れたりもして刺激が多いので過角化という皮膚が厚くなることで皮脂もつまりやすくなります。

 

ニキビは毛穴がつまり皮脂が溜まりそこに細菌が繁殖することでできます。

 

おしりはニキビができやすい環境が全て揃っているのです。

 

おしりニキビの治し方

おしりにニキビができると体重がかけれなくなるのでデスクワークや運転などが大変になります。

 

痛いしかゆいし、違和感が気になってしかたありません。

 

治すには清潔にして湿気がこもりにくい通気性ある下着に変えて、睡眠不足やバランスとれた食生活をすることで治りやすく、ニキビのできにくい体になっていきます。

 

すでにニキビができていて困っている方は、座るときは柔らかいクッションを使ったり、椅子との接触面が蒸れないように定期的に立ったりして自己治癒力に任せましょう。

 

毎回同じところにできるニキビは要注意!

おしりニキビは近い場所にはできますが、毎回違う場所になる場合がほとんどです。

 

もし同じところに何回もニキビができたり、ニキビにしては大きいなと思ったらそれはニキビではなく粉瘤(ふんりゅう)という腫瘍の可能性があります。

 

腫瘍と言ってもほとんどの場合は良性でいきなり命に係わることはありませんが放置しておくと痛みを伴う症状が出てきて手術をしないといけなくなることもあります。

 

粉瘤は個人で治すことは不可能です。必ず医師に診てもらってください。

 

痛いけど潰してもいいの?

絶対にやめてください。

 

潰した時は痛みも軽減されますが、炎症が起こって皮膚の免疫力が落ちているところに穴をあけるようなものです。ニキビができていることを思うとその人のおしりが不衛生なことが推測されます。

 

そこに穴をあけるといろいろな細菌が入ってより痛くなったり、炎症の範囲が広くなったりします。