おしりニキビ 食事

おしりにきびの予防と改善に役立つ食事

思春期のころのにきびはホルモンバランスの乱れによるものですが、大人になってからは違います。ただただ不衛生なイメージでしかありません。

 

そして大人になってからのにきびは顔だけに限らず身体中いろんなところに出ます。
今回注目するのはその中でもおしりにできるものです。

 

おしりが不衛生なイメージだとあなたそのものが不衛生なものとして見られます。それだけは何としても避けたいですよね。

 

今回はおしりにきびの予防や改善にきく食事を紹介していきます。

 

おしりにきびの予防改善に必要な栄養素

これはおしりに限らず体のどこにできたにきびにも効果がありますので是非とも覚えておいてください。今から挙げる栄養素をちゃんととれば美肌を維持できる可能性が一気に上がります。

 

【食物繊維】

 

体内の老廃物が貯まると体全体の調子が悪くなります。老廃物をきちんと出しておくことが大切です。特に腸内環境を整えることが重要で食物繊維はそれにうってつけです。

 

サツマイモ、大葉、ゴボウ、バナナ、アボカド、キャベツなどがあります。

 

【ビタミンA,ビタミンC】

 

特におしりニキビに効果的なのはビタミンAです。ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ってくれる効果が高く保湿にもなりますので積極的に摂取しましょう。予防にも改善にもどちらにも効果があります。

 

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンですので油と一緒にとることにより吸収率が良くなります。しかも熱に強いので料理の制限がないのが嬉しいところ。

 

 

ただし摂りすぎると頭痛や吐き気などがあるので注意して下さい。

 

 

緑黄色野菜、レバー、ウナギなどがあります。

 

【亜鉛】

 

亜鉛は摂取しにくいミネラルですし消費しやすいミネラルでもあります。肌を丈夫にしてくれます。ホルモンバランスを整える役割もありますのでニキビには効果が高いです。

 

ゴマ、チーズ、牡蠣、うなぎ、レバー、きなこ、豆腐などがあります。

 

【コラーゲン】

 

コラーゲンはニキビは関係なく肌に対していいことはもうすでにご存じだと思います。肌の基盤となるコラーゲンをちゃんと摂取することのよってニキビになりにくく治りやすい肌になっていきます。

 

ちゃんとバランスよく食べて体調を整えましょう

何よりおしりニキビに対してできる食事による改善はバランスよく食事をするということです。

 

日本人はこれが良いとなるとその1つに集中してしまうので注意してください。

 

逆に美肌を手に入れましょう!