おしりにきび 色素沈着

おしりニキビ跡の色素沈着の治し方

おしりは座るときに体重がかかりますので、皮膚が厚くなりやすくさらに常に下着などで覆われているため湿度が高くて蒸れやすいです。

 

さらに清潔に保つのが体の中でも難しい部位なので、ニキビができやすい部位です。

 

「こんなところにできるのか!?」と思われるかもしれませんが意外と多いのです。デスクワークなどで長時間座りっぱなしの状態だとかゆいし痛いしでいいことはありません。

 

そして顔と同じくニキビは跡が残ってしまうのが厄介なところです。ニキビ跡にはいろいろ種類があるのですが今回はその中でも特に色素沈着タイプと言われるものについての治し方をご紹介します。

 

 

そもそもこの色は何?

色素沈着タイプのニキビ跡の正体は「メラニン」です。日焼けやシミの原因になるあのメラニンです。

 

 

メラニンは主に肌を刺激から守ろうとする人間の身体の防御反応です。日焼けは紫外線から身体を守ろうとして身体を黒くしていきます。ニキビ跡の場合はニキビによる炎症から体を守ろうとします。その時は肌も丈夫になり非常に助かります。

 

しかし役目の終わったメラニンは本来は肌のターンオーバーと共に角質と共に体外に排出されるものなのですが、ターンオーバーがうまくいかなくなると、メラニンは肌に残り続け茶色く残ります。これはシミの原理とほぼ同じです。

 

色素沈着タイプのニキビ跡の治し方

シミの原理とほとんど同じということは、シミの治し方をそのまま使うことができます。

 

そこでおすすめなのが美白コスメです。メラニンの生成抑制と脱色効果があるので色素沈着タイプのニキビ跡には効果が期待できます。顔用に持っているのであればそれをそのまま使って構いません。

 

使う時にはニキビ跡にピンポイントで使ってください。おしり全体につけるのはもったいないですし、おしりだけ白くなるのもおかしいですから。

 

それと同時に保湿もしておくと美白コスメの効果があがりますし、ニキビの再発防止にも効果があります。ですのでお風呂上りに美白の処置をすると服も脱いでいる状態ですしやりやすいです。

 

なかなか色素がとれないのであれば皮膚科へ

おしりは自分でなにか塗ろうとしてもうまくいかない場合もありますし、なかなか治らない場合もあります。

 

クレーター状になっていなかったりやしこりがない場合は皮膚科が専門になります。もしクレーター状になっていたりしこりがある場合は美容外科が専門になります。