おしりニキビ つぶす

おしりニキビって潰してもいいの?

おしりにニキビのようなできものができるときがあります。俗にいう「おしりニキビ」と言われるものです。おしりは座るときには必ず圧迫される場所ですし、夏だと水着になるときに他人の目が気になります。

 

何よりデスクワークなどで長時間座らざる得ない場合に困りますよね。もう潰してしまったほうが楽になりそうですが果たして潰して大丈夫なのでしょうか?

 

今回はできてしまったおしりニキビを潰してもいいのかどうかをお伝えしていきます。

 

おしりニキビは潰していいの?

結論から言いまして「絶対潰してはいけません」

 

顔にできるニキビも同様ですが潰すことによって中の酸化した皮脂や繁殖した細菌が出て一旦は楽になるのですが、ちゃんとしたケアをしないとより悪化することもあります。

 

おしりに負担をかけないように座るときは柔らかいクッションを使うようにすることと共に、蒸れないように定期的に立つようにすることも心掛けましょう。

 

おしりを清潔に保つことも重要です。ゴシゴシ洗っている方もいますが、あまり強く擦りすぎると乾燥して皮膚のバリア機能が低下する原因にもなります。すでに乾燥している人は保湿クリームを使うこともおすすめです。

 

基本的にはおしりも肌ですので、他の部分の肌と同じように考えて大丈夫です。

 

予想以上に怖いおしりニキビ

今からの話がおしりニキビを潰してはいけないという1番の理由でもあります。

 

おしりニキビにはニキビ、おできという種類のほかにもう1つあります。それは粉瘤(ふんりゅう)と言われる良性の腫瘍です。腫瘍というとガンかと思うかもしれませんが、そこまで悪いものではありません。しかし病院での治療が必要になってきます。

 

もし粉瘤だった場合潰すことで悪化しやすく治療が長引いたり費用が高くなったりしますので絶対に潰してはいけません。

 

粉瘤は腫瘍ですので少しずつ大きくなる傾向にあります。おしりニキビはちゃんとケアすれば1か月もすれば治ります。1か月たっても治らない場合は皮膚科で見てもらうことをおすすめします。

 

おしりは意外と見られる

自分のおしりはあまり見る機会がないので、いざ見たら予想以上にデキモノの跡などであれているように見えるかもしれません。

 

他人にあえて見せる機会はあまりないにしても海やプール、温泉、銭湯などやパートナーに見られたときにあなたのイメージダウンにつながる可能性は高いです。見られる機会も意外と多いものです。

 

そんな機会がない人でも単純に痛みやかゆみがあるのでおしりニキビができたときは潰さずに清潔にして自然治癒力にまかせましょう。