おしりニキビ 跡

おしりニキビの跡を消すには?ニキビ跡の種類別に改善方法をご紹介!

やっとおしりニキビが治ったと思えば、次はニキビ跡ができてしまった!このような経験をされている方は、たくさんいらっしゃると思います。ニキビ跡は改善が難しいと言われていますが、何か良い方法はないのでしょうか?

 

そこで今回は、おしりニキビの跡を改善する方法をご紹介していきます。綺麗なおしりを手に入れる為に、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

おしりのニキビ跡にも種類がある!?4種類のニキビ跡とは?

 

*炎症タイプ*

 

炎症タイプとは、赤みが残っているニキビ跡の事を指します。このニキビ跡は、ニキビの芯は消えているのに炎症が治まっていない状態です。その為、厳密にはニキビ跡とは言いません。

 

しかしこの状態の時からきちんとケアすれば、改善が難しいニキビ跡へ発展するリスクが低くなるのです。

 

*色素沈着タイプ*

 

茶色いシミのようなニキビ跡を色素沈着タイプと言います。これは肌が炎症によってダメージを受けた際、肌が自らを守る為に生成したメラニン色素が原因です。通常ならターンオーバーによってメラニン色素は排出されます。

 

しかし上手くターンオーバーが行えないと、肌にメラニン色素が沈着してしまいます。これがシミのようなニキビ跡になってしまうのです。

 

*クレータータイプ*

 

ニキビが治った後、肌に凹凸が生じてしまうのがクレータータイプのニキビ跡です。ニキビの原因菌を退治する為に生成された活性酸素や、アクネ菌の死骸は肌に刺激として残ってしまいます。

 

これを急いで修復しようとする為、デコボコ状のニキビ跡になってしまうのです。

 

*しこりタイプ*

 

固く盛り上がったニキビ跡を、しこりタイプと言います。これは同じ場所に繰り返しニキビができる事が原因です。Uゾーンや顎の下にできやすいニキビ跡ですが、おしりにできる事もありますので要注意ですよ。

 

おしりニキビの跡を改善しよう!ニキビ跡の種類に合った改善方法を!!

 

*炎症タイプ*

 

炎症タイプのニキビ跡には「ビタミンC誘導体」を取り入れる方法が有効です。ビタミンCにはターンオーバーを促す効果がある為、新しい肌を作って綺麗な状態に戻す事ができますよ。

 

又、皮脂の過剰分泌を抑制する効果もありますので、新たなニキビの発生やニキビの悪化予防も行えます。

 

*色素沈着タイプ*

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、美白成分配合の化粧品でケアする事で改善できます。おしりのニキビ跡はシミのできるメカニズムと同じですので、シミ対策用の化粧品を利用すると良いでしょう。ニキビ跡の部分にピンポイントで塗って美白して下さいね。

 

又、色素沈着を防止するにはターンオーバーを促す必要があります。しかし肌が乾燥しているとターンオーバー機能が正常に働きません。色素沈着タイプのニキビ跡を作りにくくする為にも、おしりの保湿は行いましょう。

 

きちんと保湿を行う事で皮脂の過剰分泌が抑えられ、ニキビ予防にも繋がりますよ!

 

*クレータータイプ・しこりタイプ*

 

クレータータイプやしこりタイプのニキビ跡は非常に改善が難しい為、自宅でのケアは効果がありません。これらのニキビ跡を改善するには、美容皮膚科や美容外科での治療が必要です。

 

炭酸ガスレーザーやピーリング等の治療方法がありますので、医師と相談して治療を進めていきましょうね。

 

ニキビ跡の種類に合った方法でおしりニキビの跡を改善しよう!

 

今回はおしりニキビの跡を改善する方法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?ニキビ跡には炎症・色素沈着・クレーター・しこり等、様々なタイプが存在します。よって、それぞれのタイプに合った方法で改善していく必要があるのですよ。

 

上記で記載した改善方法をご参考に、おしりニキビの跡を消していきましょうね!又、おしりニキビの跡を発生させない為にも、ニキビ対策を怠らないようにして下さい。おしりをダメージから守る・おしりを清潔に保つ・生活習慣を改善する等を心掛けましょう。

 

ニキビ対策とニキビ跡対策を行い、綺麗なおしりを取り戻しましょうね!