おしりニキビ アットノン

おしりニキビの跡をアットノンで改善!?アットノンの効果に注目!

おしりニキビも不快なものですが、その跡が残るととてもショックですよね。「何とかして跡を薄くしたい」という方は、様々な改善方法を探されていると思います。その改善方法の一つに「アットノン」が含まれているのをご存知ですか?

 

小林製薬が販売しているアットノン。これには傷跡や火傷の跡を治す効果があり、ニキビ跡の改善にも役立つという噂なのです。そこで今回はアットノンの効果やおしりニキビに効くと言われる理由をご紹介していきます。

 

アットノンの効果とは?何故おしりニキビの跡に効果的なの??

 

*ターンオーバー促進効果*

 

ニキビが炎症を起こすと、そのダメージから自らを守る為に肌はメラニン色素を生成します。このメラニン色素は通常であればターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。しかしターンオーバーの機能が低下する事で、メラニン色素は肌に沈着してしまうのです。

 

これがシミのような茶色いニキビ跡ができる理由です。アットノンには血行を良くしターンオーバーを促す効果があります。その為、沈着を起こしたメラニン色素を徐々に排出する事ができるのですよ。

 

さらに、アットノンはおしりニキビの発生・再発を防ぐ効果もあります。おしりニキビは日々のダメージによって肌が角質化し、毛穴が塞がる事が原因の一つです。しかしターンオーバーを促す事で肌が生まれ変わる為、毛穴詰まりを解消する事ができるのです。

 

おしりニキビとおしりニキビの跡を改善するにはターンオーバーが必須ですので、覚えておいて下さいね!

 

*保湿効果*

 

アットノンには「スクワラン」や「ヘパリン類似物質」が含まれており、肌の乾燥を防ぐ効果があります。乾燥はターンオーバーの機能を低下させ、ニキビ跡の改善を妨げてしまいます。その為、アットノンの保湿効果がニキビ跡の改善に効くと言われているのです。

 

*殺菌作用*

 

アットノンに含まれる「グリセリン」には殺菌作用があります。この殺菌作用の働きによりニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑制する事ができるでしょう。こちらはニキビ跡改善というより、ニキビ予防に繋がりますね。

 

*抗炎症作用*

 

先程も記載しましたが、アットノンには「ヘパリン類似物質」が含まれています。これには保湿効果だけでなく抗炎症作用もあります。その為、炎症を起こしたニキビを改善する効果も期待できます。

 

しかしアットノンの効果・効能に「ニキビ改善」という記載はありません。よってニキビそのものを治す場合は、ニキビ専用薬の使用をオススメします。

 

アットノンの使用方法とは!?注意点やポイントはあるの?

 

アットノンの使用方法は非常に簡単です。まずは入浴を済ませておしりを清潔な状態にしておきます。そして患部にアットノンを塗るだけです。

 

これなら毎日のケアとして取り入れても苦にはなりませんよね?しかしアットノンには副作用が表れる場合もありますので注意が必要です。使用後に発疹・痒み・腫れ・赤み等の異常が見られた際は使用を中止し、病院を受診しましょう。

 

そしてアットノンを使用する上でのポイントですが「28日間以上続けて使用する」事が大切です。何故28日間なのかというと、肌が生まれ変わるサイクルが28日間だからです。1週間程使ったけど効果がなかったと諦めるのではなく、継続して使用しましょう。

 

普段のケアにアットノンを取り入れおしりニキビを軽減させよう!

 

今回はアットノンがおしりニキビやニキビ跡に有効な理由をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?アットノンには代謝促進・保湿・殺菌・炎症緩和等の効果がある為、ニキビやニキビ跡に効果的なのです。

 

おしりニキビの跡を薄くしたいという方は、ぜひ利用してみて下さい。しかし「アットノンにはニキビ・ニキビ跡を改善する効果がある」と公式で発表されているわけではありません。その点をきちんとご理解下さいね!

 

アットノンの上手に取り入れ、おしりニキビ・ニキビ跡を改善していきましょう。